ビフィズス菌とは?

ヨーグルトや乳製品のCMを見ると良く耳にする「ビフィズス菌」。

よく聞くけど・・・どんな効果があってどんなものなのかをちゃんと知っているという人は意外と少ないのではないでしょうか?

これは人の腸内に住み着くことができる善玉菌の1つで、腸内環境を整える効果があります。

実は免疫力を高める為には腸内環境を整えると良いと言われておりますので免疫力のUPや、ビタミンB群やビタミンKを合成し貧血の予防や肌荒れを防止の役割もあります。

そして間違われやすいのが乳酸菌と同じものと思われがちですが、実は異なる働きをする菌なのです。

いずれもヨーグルトなどの乳製品に多く含まれますが、乳酸菌は乳製品だけでなく味噌などの発酵食品やお漬物、そして人や動物の腸内に存在し乳酸を作るのですが、ビフィズス菌も同じように人や動物の腸内に存在しますが、乳酸だけでなく抗菌作用のある酢酸を作るにです。

同じようなものと思われがちですが、一般的に善玉菌と言われるものの99%がビフィズス菌なのです。

人の腸内にすみつく善玉菌と言われる細菌であるビフィズス菌は乳酸菌の仲間として認識されていることが多いですが、正確には乳酸菌に分類されず、乳酸菌とは違うものなのです。

乳酸菌は糖を分解し乳酸を50%以上つくる菌の事ですが、ビフィズス菌も糖から乳酸を作り出しますが、それ以上の酢酸をつくり出ので乳酸菌には分類されないのです。

ですが、腸内環境を整えるなどの働きは同じなので、一般的には乳酸菌としているケースが多いのです。

より詳しい違いはこちらを参照ください。

ビフィズス菌でお腹すっきり

人の腸内には、100兆個もの腸内細菌が500種類以上も住み着いています。

善玉菌と悪玉菌の勢力範囲が体調などによって変化するといわれています。

また、加齢とともに悪玉菌の方が強くなることから、腸内の環境が悪くなってしまいますので、正常に戻すためには善玉菌を増やす必要があります。

ビフィズス菌は、代表的な善玉菌で腸内環境を正常にするパワーが強く、トクホと言われる特定保健用食品に認定されています。

普段から積極的に乳製品などで摂取することがおすすめです。

Comments are closed.